So-net無料ブログ作成
持続可能な社会 ブログトップ

食事と農業で世の中の問題の原因を改善 [持続可能な社会]

---------------------------------------
「食と農で世直し!」講座概要
---------------------------------------
●対象:「食と農で世直し」に関心のある20-30代の若者。
●募集人数:30名
●受講料: 3,000円(全6回)
※申し込み方法はHPをご覧ください。
ttp://www.parc-jp.org/freeschool/2011/kouza/kouza_icchoopal.html
----------------------------------
講座スケジュール(予定。講演タイトルは仮題。)
---------------------------------------
2011年10月~2012年2月
場所:主にパルシステム連合会東新宿本部
---------------------------------------
(1)10/20(木)19:00-21:30
オリエンテーション&トークセッション「食と農を軸にした世直し例の紹介・提案」

「食と農で世直し」ってどんなこと?各地の実践例を交えて話します。
初回挨拶:◆山本信司◆(パルシステム連合会理事長)、
◆湯浅誠◆(活動家一丁あがり実行委員会・反貧困ネットワーク事務局長)
トークセッション:◆大江正章◆(PARC代表理事・コモンズ代表)、
◆高橋宏通◆(パルシステム連合会産直推進部長) 
---------------------------------------
(2)10/29-30(土日)1泊2日 合宿@千葉県旭市
生産者に話を聞こう!若者の世直し当事者に話を聞こう!そして一緒に考えよう!

旭市海上で産直事業拡大、生産者・消費者交流、地域活性化に取り組む産地を訪れ、
その思いを聞きます。また、実際に就農した若者やNPOで活躍する若者を呼んで交流し、
「問題は何なのか」を一緒に考えましょう。農作業体験もお楽しみに。
◆石毛正敏◆(うなかみの大地代表取締役社長)・ほか 
---------------------------------------
(3)11/17(木)19:00-21:30 講義「生き方と農~半農半X~」
+世直しプラン作り

食・農とともに生きることは、生き方、暮し方を見直すきっかけにも。
「半農半X」のコンセプトで、X(天職)と農ある小さな暮らしを提唱する塩見さんにお話しいただきます。
また、いよいよグループワークで「世直しプラン」の作成にとりかかります。
◆塩見直紀◆(半農半X研究所代表)
---------------------------------------
(4)12/15(木)19:00-21:30 講義「食から農の課題を解決~消費者運動の軌跡~」
+世直しプラン練り直し

一人ひとりの消費者が食卓の安全安心を求めて動いてきた、その軌跡を話します。 
---------------------------------------
(5)1/12(木)19:00-21:30 世直しプラン最終まとめ&模擬発表と見直し

卒業イベントに向けて、プラン作成も終盤を迎えます!
様々な立場の活動家からアドバイスを受けながら、仕上げていきましょう。 
---------------------------------------
(6)2/4(土)午後時間未定 卒業イベント
第1部:「食と農でどう世直しするか」パネルディスカッション
第2部:受講生のプラン発表

いよいよ最終回は、「食と農で世直し」をテーマにパネラーを招いての卒業イベントを開催します。
このイベントはみなさんがつくったプランの発表会でもあります。
専門家やマスコミ、行政など、たくさんの人を集めて発信しましょう! 
---------------------------------------

主催:パルシステム生活協同組合連合会
協力:パルシステム東京労働組合

<お問い合わせ・お申し込み先>
企画・運営:特定非営利活動法人アジア太平洋資料センター(PARC)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
Tel: 03-5209-3455 Fax: 03-5209-3453

---------------------------------------
【活動家一丁あがり!「労働と貧困」講座実行委員】
◆湯浅 誠 (自立生活サポートセンター「もやい」事務局次長/反貧困ネットワーク事務局長)
◆河添 誠 (首都圏青年ユニオン書記長)
◆松元千枝 (しんぶんワーカーズ・ユニオン/全国一般労働組合東京南部)
◆内田聖子 (アジア太平洋資料センター〈PARC〉事務局長)
◆須田光照 (全国一般東京東部労組書記長)
◆土屋トカチ (映画監督)

◆志波早苗(パルシステム生活協同組合連合会運営室スタッフ)
◆的屋勝一(パルシステム東京労働組合委員長)

◆稲葉雅紀(動く→動かす事務局長)
◆西 あい(動く→動かすパブリック・モビリゼーションチーム)

食事による病気の予防対策


日本の財政・環境・健康を破壊するリニア問題 [持続可能な社会]

**********************************************************
緊急!!<日本の財政・環境・健康を破壊する>
リニアの多くの問題を知って下さい  
             
★『リニア・市民ネット』HP開設
 ~リニアは夢の乗りものか?リニア中央新幹線計画を問い直す~
   URL:ttp://www.gsn.jp/linear/  

  ~活動への賛同者・賛同団体募集~
             
  ~国交省にて「リニア中央新幹線計画」の「中間とりまとめ」が発表。
  パブリックコメントでもっともっと多くの市民の声を上げよう~
  (H23年1.14締め切り)
***************************************************************

 『リニア・市民ネット』は、リニアについて検証し、それを問い直す市民団体として


2009年3月に発足しました。東京、神奈川、山梨、長野、千葉など計画沿線の人々
と賛同団体が参加しています。(代表 川村晃生 慶応大学文学部教授)
 
 JR東海の全額自己負担による開業宣言で一気に現実化した「リニア中央新幹線」
は、 現在国交省で審議中の段階ですが、有識者による早期着工、早期実現を前提
とした議論、沿線自治体の地域振興への期待、一連のマスコミ報道もリニアの宣伝
にまわり、

★ JR東海の財源と採算性の限界 ~建設と採算は大赤字 つけは国民にまわる~
★ 南アルプス貫通の大規模自然破壊
  大断層エリア横断による自然災害誘発の危険性
★ 原発5基分と試算のエネルギー浪費
★ リニアの構造、自然災害における技術的課題
★ 日本では規制がないリニアの電磁波の人体実験並の数値
★ 沿線各県が負担するリニア新駅設置費用
  ―神奈川県・奈良県:2200億円 (大深度地下駅)
  ―山梨県・長野県・岐阜県・三重県:350億円 (地上駅)

とリニアの抱える多くの諸問題がほとんど社会に伝わらず、検討すべき議論がなされ
ていません。
先週12月15日(水)の審議会の『中間取りまとめ案』でも、上記の問題点がほとんど
組み込まれず、JR東海も一切情報を公開しない中、リニア推進を前提とした議論が
取りまとめられました。

2011年の春(から夏にかけて)、最終答申が出されると思われますので、
ここに向けて委員会側にプレッシャーをかけないと、
今後何の批判、修正もなく、事業認可に進んでいくことになります。
どうぞ1人でも多くの皆様のパブリックコメント提出にご協力下さいますようお願い申


し上げます。

リニア中央新幹線計画は、日本の<財政・環境・健康を破壊>する未曾有の
大プロジェクトです。
リニアの多くの問題に関心を深め、『リニア・市民ネット』の活動へのご理解とご賛同、


多くの周囲への呼びかけをよろしくお願い申し上げます。

********************************************************************
★中間とりまとめ案に対するパブリックコメントに、市民の声を反映しよう!★
                       (H22.12.15~締め切り:H23.1.14)


 リニア中央新幹線は、まだまだ審議中です!!
 リニアは必要か? 安全性は? 技術、エネルギーは? 自然破壊は?
 多くの意見を提出して下さい。※HPにリンクあり

★『南アルプスにトンネルを掘らないで』年末・年始署名継続中です★
 南アルプスは、希少な動植物が生息し、世界自然遺産登録を推進する
 国定国立公園です。多くの声をお届け下さい。※HPよりダウンロード

****************************************************************
★「リニア・市民ネット」活動への賛同人・賛同者募集しています★           
                <ストップ・リニアの声~地域へ・社会へ・国へ~>


                  <JR東海は、リニアの情報を公開して下さい>


氏名:
ご所属(肩書き):
都道府県:
連絡先:analog-life@mbr.nifty.com  【リニア・市民ネット 東京】

<ストップ・リニア通信>年間4回発行(購読料1000円)※次回は1月に発送

氏名:
住所
電話:
領収書:必要・不要
連絡先::analog-life@mbr.nifty.com  【リニア・市民ネット 東京】

**************************************************************++

サイクルツイスタースリム


10/17 東京ベジフードフェスタ2009 [持続可能な社会]

2009年10月17日(土)~10月18日(日) 10:00~17:00
代々木公園 NHKホール前 ケヤキ並木

雨天決行・入場無料

詳細はこちら
http://tokyo-vegefest.com/

東京ベジフードフェスタは今年で7回目を迎えます。多数の菜食レストラン、環境
にやさしい商品を取り扱うお店などが出展するフードコートスタイルのお祭りで
す。

「健康に興味があるけど、何から始めたらいいのかな?」といった方にピッタリ
なのが本イベントです。野菜を中心としたレストランや最近大人気のマクロビオ
ティックのお店、オーガニックにこだわった雑貨や野菜のお店など、からだに優
しいお店が大集合!お気に入りのお店に出会えるチャンスです。デートでも、家
族のお出かけでも楽しめるベジフェスで、おいしくてヘルシーな時間を過ごして
みてはいかが?





ガラスふたのご飯釜 


9/27 食と農の現場から語る「連帯経済」 [持続可能な社会]

シンポジウム
地域の力、人の力
――食と農の現場から語る「連帯経済」


●日時:2009年9月27日(日)14:00~17:00(開場13:30)
●会場:在日本韓国YMCAアジア青少年センター
     スペースY地下ホール
     東京都千代田区神田駿河台3-2-11 TEL:03-3253-1771

食料自給率39%、食の安全性への不信と不安、地域経済の疲弊・・・グローバル化した経済のもとでの農業・農村そしてわたしたちの食をとりまく状況はたいへんに厳しいといわれています。

そんななか、「人と人との結びつき」を大事にしながら、自然資源と風土を活かした豊かな地域づくりの取り組みが、日本の各地で実践されています。農村女性たちによる農家レストラン、学校給食の地産地消、農の実践と持続可能なライフスタイルへの転換など、地域に暮らす人たちがともに知恵を出し合い、経済的にも成り立つ循環を創りだしているのです。

いのちを支える食べものと、それを支える農の現場からのメッセージから、わたしたちの食と農、地域、人と人の関係のありかたをともに語りましょう。

 ◆講師
大野和興さん(農業ジャーナリスト)
塩見直紀さん(半農半X研究所)
本田 節さん(農村レストラン「ひまわり亭」オーナー)

◆定員
200名 ※予約優先

◆参加費
一般:500円
アジア連帯経済フォーラム賛同者(団体・個人とも):無料
(財)大竹財団会員:無料

◆主催
アジア連帯経済フォーラム2009/(財)大竹財団

◆申し込み方法
件名を「連帯経済学習会」とし、下記を明記し、
afse@parc-jp.orgまでお送りください。

・氏名:
・所属:
・E-mail:
・電話番号:
・連帯経済フォーラム賛同者・それ以外の方かをお書きください。
※学習会の当日、賛同者になっていただくことも可能です。
・参加したい理由:
・講演者に期待すること:
・今回の学習会を知ったきっかけ:

◆お問い合わせ
アジア連帯経済フォーラム2009実行委員会 事務局
E-mail: afse@parc-jp.org
Tel:03-5209-3455 Fax:03-5209-3453

ぼかし有機肥料の販売


nice!(0) 

10/10 第7期ストップ温暖化推進員養成講座 [持続可能な社会]

 ~地球温暖化の進行を食い止めるため、地域のリーダーとして活動しませんか~



 地球温暖化をはじめとする環境問題は一人ひとりが自分たちの生活を見直し、実践することで地域にも広めていかなければなりません。現在127名の推進員が奈良県の推進員として活動されています。

 本養成講座を受講しますと、ストップ温暖化推進員に必要な知識、技術を修得できます。推進員には、温暖化に関する最新情報が提供されます。また、推進員向け研修会に参加することができます。18歳以上(2009年4月1日現在)で熱意のある方は、是非ご応募下さい(奈良県内在住・在勤)。



■日 程  2009年10月10日(土)

■会 場  奈良県文化会館集会室A・B(近鉄奈良駅より徒歩5分)

■受講料  無 料

■主 催  奈良県地球温暖化防止活動推進センター(特定非営利活動法人奈良ストップ温暖化の会)、奈良県

■定 員  30名

■申し込み・問合せ 奈良県環境政策課地球環境係

  630-8501奈良市登大路町30番地

  TEL:0742‐27‐8733 FAX:0742‐22‐1668

①お名前・年齢・住所・電話・FAX・Email・職業(学校)等

②自己紹介・講座への期待・参加動機などをA4用紙1枚にご記入の上、FAX・E-mail・郵送でお申込み下さい。



13:30~16:30

・地球温暖化の処方箋~持続可能な日本と世界に向けて~

 上村雄彦(横浜市立大学准教授)

・ワークショップ「一緒にアクションをおこすための人間関係づくり、推進員の役割」





それでは、またみなさまとお目にかかれる時を楽しみにしています!



上村 雄彦

http://blog.oricon.co.jp/iyasaka/


nice!(0) 

9/9 『都市と大学』-持続可能な都市社会をめざして [持続可能な社会]

●日時: 平成21年9月9日(水)13:00~17:30 交流会:18:00~



●場所: パシフィコ横浜419

       交流会: インターコンチネンタルホテル2F「マリンブルー」

●プログラム:

13:00~13:05 開会・司会挨拶: 横浜市立大学准教授 上村雄彦

13:05~13:10 開会挨拶: 横浜市立大学学長 布施勉



【第1部】 基調講演(13:10~14:20)

Ⅰ.世界銀行からみた都市問題に関するナレッジ・マネジメントの課題と展望(仮題)



  (世界銀行金融経済都市局首席都市専門官 鈴木博明 氏)



Ⅱ.都市、大学、開発援助機関間における新たな国際協力体制に向けて(仮題)

  (JICA本部上級審議役 荒川 博人氏)



【第2部】 対談式パネル発表(14:30~16:00)

Ⅰ.都市の発展とまちづくり: 都市デザイン、歴史的環境保全における大学間ネットワークの可能性(モデレーターー: 横浜市立大学准教授 鈴木伸治)

 李 政炯(ソウル中央大学助教授)

 丘 如華(台湾歴史資源経理学会秘書長)



Ⅱ.公衆衛生: 新型インフルエンザ等感染症対策に係る人材育成について

 (モデレーター: 横浜市立大学教授 水嶋春朔)

 NINA G. GLORIANI(フィリピン大学教授、公衆衛生学部長)



【第3部】 ラウンド・テーブル ディスカッション(16:10~17:30)

Ⅰ.学生による提言: 横浜市立大生と他大学学生 



Ⅱ.第1部・第2部を受けて

 ①質疑応答

 ②コンソーシアム設立に向けて

 ③意見交換

 ・ウィリンカービジネス大学院【インド】

 ・タマサート大学【タイ】

 ・復旦大学【中国】

 ・マレーシア科学大学【マレーシア】

 ・カルフォルニア大学サンディエゴ校【アメリカ】

 ・大阪市立大学

 ・名古屋市立大学

 ・横浜国立大学

 ・横浜市 国際政策室

 ・CITYNET

 ・一般出席者



Ⅲ.結論と今後の取組み(横浜市立大学准教授 上村雄彦)



【第4部】 交流会(18:00~)



nice!(0) 

7/10 「国際連帯税を推進する市民の会」(アシスト)第2回勉強会 [持続可能な社会]

~環境省・地球環境税等研究会の議論を踏まえて~    

 通貨取引税はどう議論されたか

講師:上村雄彦氏(横浜市立大学国際総合科学部准教授)

◎日 時:2009年7月10日(金) 午後6時30分~8時30分

◎会 場:ちよだパークサイドプラザ会議室A・B

      (JR 秋葉原駅・昭和通り口 徒歩7分)

      住所:千代田区神田和泉町1

      地図⇒http://www6.plala.or.jp/yu-u-ka/chiyodapark_map.html

◎主 催:国際連帯税を推進する市民の会(アシスト) http://www.acist.jp/

  共 催:グローバル・タックス研究会 http://blog.goo.ne.jp/global-tax

◎資料代:500円(賛同金お支払いの方は無料です)

◎定 員:50人(申込み制、定員になり次第締め切ります)

◎難易度:初心者から中級へ進むステップ

■申込み:下記ファックス番号に、お名前、所属(あれば肩書も)と「アシスト・勉強会参加」とお書きの上、お送りください。

FAX番号:03-3834-2406

…………………………………………………………………………………

昨年7月末「途上国支援のための地球環境税のあり方についての研究」(*1)が閣議決定されました。この研究については環境省が主管となり「地球環境税等研究会」を開催し(昨年9月から本年3月まで4回開催)、その成果が『平成20年度 地球環境税等研究会 報告書』(*2)としてまとめられました。

日本政府が主催する研究会や審議会等で通貨取引税が真正面から議論されたのはこれが初のケースで、意義深い研究会でした。私たちは、これを機会に通貨取引税についての知識・考えを<どんな批判があるかも把握しつつ>いっそう深めていきたいと思います。そのために、委員として活躍された上村氏からなぜ研究会で通貨取引税を主張し、どう議論されたのかをお話ししていただきます。

また、5月末にパリにおいて第3回「連帯税に関するリーディング・グループ」総会が開催されました。この総会では、「通貨取引税の技術的・法律的可能性を評価する作業グループ」の立ち上げを決めました。このように世界的にも国家レベルで通貨取引税に対する関心が高まりつつあります。こうした世界の動きも上村氏から報告していただきます。

■講師:上村雄彦氏プロフィール■
1965年大阪生まれ。大阪大学大学院法学研究科博士前期課程、カールトン大学大学院国際関係研究科修士課程修了。千葉大学地球福祉研究センター准教授を経て、現職。

 http://xn--n8jl2yxe4b8oz65tqpqgv7cx0wb.lifework7.info/

 


nice!(0) 
持続可能な社会 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。