So-net無料ブログ作成

10/15 水域と人々の暮らし~メコン河開発と日本 [途上国問題]

メコン河流域の生き物の豊かさは、人々の生活の豊かさにもつながっています。
第2回では、メコン・ウォッチの木口由香から、多様な河川利用を紹介しつつ、
メコン流域の自然環境とそれに依存する人の生活、メコン河開発に伴い最近おきているその変化についてご紹介するとともに、リバーリバイバル研究所の新村安雄さんより、日本の原風景、また多くの希少生物の生物場所として注目を集めている水田生態系とメコン河についてお話を頂きます。
また、レスポンスアビリティの足立直樹さんがコメンテーターとして参加します。

■日時
 2009年10月15日(木) 14:00~16:30
■場所
 環境パートナーシップオフィス(EPO)
 住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F
 http://www.geic.or.jp/geic/intro/access.html#epo
■参加費
 1,000円(主催団体の会員およびサポーター、協力団体のスタッフおよび会員
は無料)
 事前登録必要

■プログラム(予定、敬称略)
・「メコン河と人々の暮らし~メコン河開発がもたらすもの」
  木口由香(メコン・ウォッチ)
・「生物の多様性にとって必要な環境条件とは?
   ~メコン河から見える日本の田んぼ」
  新村安雄 (リバーリバイバル研究所)

★コメンテーター:足立直樹(レスポンスアビリティ代表取締役)

■お申し込み
○申し込みフォームから(推奨)。
 http://www.gef.or.jp/form/index.htm

○または、下記ご記入の上、地球・人間環境フォーラムまで、E-mail
(event@gef.or.jp)または ファックス(03-3813-9737)でご送付ください。
 ・ご氏名
 ・ご所属(会社名など)
 ・部署:
 ・Tel:
 ・Fax:
 ・E-mail:
 ・希望する回:(例:第3回 等)

■主催:国際環境NGO FoE Japan、地球・人間環境フォーラム、メコン・ウォッチ

■協力:IUCN日本委員会、WWFジャパン アース・ビジョン組織委員会、アジア太
平洋資料センター(PARC) 、「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、環
境を考える経済人の会21(B-LIFE21) 、コンサベーション・インターナショナ
ル、サステナビリティ・コミュニケーション・ネットワーク(NSC) 、サステナビ
リティ日本フォーラム 、市民外交センター、生物多様性条約(CBD)市民ネット
ワーク、日本環境ジャーナリストの会(JFEJ) 、日本国際ボランティアセン
ター、日本消費者連盟、 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会
(NACS) 、フェアウッド・パートナーズ、ラムサール・ネットワーク日本

■問い合わせ先
・地球・人間環境フォーラム(担当:飯沼(いいぬま))
 TEL.03-3813-9735 FAX.03-3813-9737
 E-mail: event@gef.or.jp

・国際環境NGO FoE Japan/メコン・ウォッチ(担当:満田(みつた))
 TEL: 03-6907-7217 FAX: 03-6907-7219


富山の婚活パーティー

9/19 東ティモールに平和を!国づくり10年の歩み [途上国問題]

■日時:2009年9月19日(土) 

 開場13:00  開演14:00 終了予定時刻:16:00

■場所:YMCAアジア青少年センター スペースワイホール

東京都千代田区猿楽町2-5-5

アクセス:JR水道橋駅徒歩6分、JR御茶ノ水駅徒歩9分、地下鉄神保町駅徒歩7分

http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/

■入場料:前売り2,500円、当日3,000円



赤いコーヒーの実、緑生い茂る山々、エメラルドグリーンの海に囲まれた東ティモール。

南海に浮かぶこの小さなアジアの国は、21世紀最初に誕生した国です。

1999年の住民投票がその出発点でした。占領者であるインドネシア国軍の監視のもと、78パーセントという圧倒的多数が独立を選択しました。そして、この結果を不服とするインドネシア軍、民兵による破壊行為で、多くの東ティモール人が殺害され、避難民となるところから、東ティモールの独立への一歩は始まりました。建国への希望を掲げ歩み始めて10年。その長い道のりをここ日本でも支援してきた皆さんと、ともに記念するために東ティモールからエゴ・レモスを招いてコンサートを開催いたします。

皆さんもエゴの心温まる歌声と、躍動感あふれるラテンのリズムで平和を熱く感じてみませんか?



出演:

■エゴ・レモス(Eugenio Fatima Sousa do Rego)

1972年5月12日東ティモール生まれパーマカルチャーの実践者。1999年の騒乱では父と祖父を失う。平和や自然について世界各国で講演活動を行う中、2006年にオーストラリアのアボリジニ―音楽家として有名なGeoffrey Gurrumul Yunupingu にその歌声とリズムを認められ、現在はアーティストとしても活躍。8月中旬からオーストラリアで公開されて東ティモールについての映画「Balibo」の主題歌を歌う。この映画は1975年インドネシア軍侵攻過程で殺害されたジャーナリストたちを題材にしたもので、東ティモールでもロケを行なった。公開前にはメルボルン国際映画祭(7月24日-8月9日)でプレミア上映もされた。

http://www.balibo.com/about/soundtrack.html

http://www.melbournefilmfestival.com.au/content/1/index.html



■サンタマミーゴス

三多摩在住のサキソフォニスト倉富義隆(矢沢永吉やエグザイルのサポートで活躍)やGANGA ZUMBAのパーカッショニスト今福健司が 中心となってたちあげたラテンユニット。昔のなつかしい曲からモダンまで幅広く演 奏する。



■主催:特定非営利活動法人パルシック

パルシックは1999年に騒乱直後の東ティモールで緊急救援を開始して以来、学校修復事業、コーヒー生産者支援事業を通じて、東ティモールの国づくりを応援しています。

お問合せ先:TEL03-3253-8990 FAX:03-5209-3453  

 Email: office@parcic.org

URL:  http://www.parcic.org/

 食品添加物の知識


nice!(0) 

9/27 食と農の現場から語る「連帯経済」 [持続可能な社会]

シンポジウム
地域の力、人の力
――食と農の現場から語る「連帯経済」


●日時:2009年9月27日(日)14:00~17:00(開場13:30)
●会場:在日本韓国YMCAアジア青少年センター
     スペースY地下ホール
     東京都千代田区神田駿河台3-2-11 TEL:03-3253-1771

食料自給率39%、食の安全性への不信と不安、地域経済の疲弊・・・グローバル化した経済のもとでの農業・農村そしてわたしたちの食をとりまく状況はたいへんに厳しいといわれています。

そんななか、「人と人との結びつき」を大事にしながら、自然資源と風土を活かした豊かな地域づくりの取り組みが、日本の各地で実践されています。農村女性たちによる農家レストラン、学校給食の地産地消、農の実践と持続可能なライフスタイルへの転換など、地域に暮らす人たちがともに知恵を出し合い、経済的にも成り立つ循環を創りだしているのです。

いのちを支える食べものと、それを支える農の現場からのメッセージから、わたしたちの食と農、地域、人と人の関係のありかたをともに語りましょう。

 ◆講師
大野和興さん(農業ジャーナリスト)
塩見直紀さん(半農半X研究所)
本田 節さん(農村レストラン「ひまわり亭」オーナー)

◆定員
200名 ※予約優先

◆参加費
一般:500円
アジア連帯経済フォーラム賛同者(団体・個人とも):無料
(財)大竹財団会員:無料

◆主催
アジア連帯経済フォーラム2009/(財)大竹財団

◆申し込み方法
件名を「連帯経済学習会」とし、下記を明記し、
afse@parc-jp.orgまでお送りください。

・氏名:
・所属:
・E-mail:
・電話番号:
・連帯経済フォーラム賛同者・それ以外の方かをお書きください。
※学習会の当日、賛同者になっていただくことも可能です。
・参加したい理由:
・講演者に期待すること:
・今回の学習会を知ったきっかけ:

◆お問い合わせ
アジア連帯経済フォーラム2009実行委員会 事務局
E-mail: afse@parc-jp.org
Tel:03-5209-3455 Fax:03-5209-3453

ぼかし有機肥料の販売


nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。