So-net無料ブログ作成
検索選択

TPP交渉の実態と行方は?米国視察報告 [ビジネス]

3月15日の安倍首相の「TPP参加表明」後、米国はじめ参加国との「事前協議」が進められ、4月下旬のAPECでは参加11ヶ国から日本の参加について承認がなされ、米国USTRは日本の交渉参加について議会への通知を行いました。
このように次々と既成事実がつくられ、マスメディアは「参加決定」といわんばかりのミスリード記事を垂れ流しています。しかし、自民党政権の「公約破り」や、事前協議での「完全な敗北」、そしてこれから交渉に参加しても聖域を守るどころか、日本には何のメリットもないことはすでに明らかです。事実、参加表明後、全国各地では反対の声はさらに高まっています。
一方、TPP交渉自体は、前回のシンガポール交渉に続き、5月15日~24日、ペルーのリマにて開催されます。日本の参加問題も重要な議題になり、10月までに交渉のほとんどを終えようとするUSTRは、これまで以上に秘密裡の交渉を加速化すると見られています。
シンガポール交渉会合に続き、18日よりペルー交渉会合にNGOとして参加する内田聖子(PARC事務局長)が、出発直前のこの日、シンガポール報告とペルーでの交渉会合の見通し、グローバルなTPP反対運動について語ります。
また4月末に国会議員らと米国を訪問し、各業界団体や国会議員から情報収集と議論をされてきた首藤信彦さん(TPPを考える国民会議)に、日本参加の最大の鍵である米国議会、業界団体の動きについて最新の報告をしていただきます。
さらに、日本各地で沸き起こる反対運動の現状を、坂口正明さん(全国食健連事務局長)にしていただき、これからの運動の方向や具体策についても提案いただきます。
「TPPは大問題!」「本当に参加しちゃうの?」と思っている方、まだ日本はTPP
に参加していません。いまから何ができるのか、私たちに何ができるのか、世界
の人びととつながり、TPPを止めるために、どこよりも早く深い最新情報&情勢
分析を共有し、議論しましょう。

■日時:2013年5月15日(水)19:00~21:00(開場18:30)

■会場:文京区民センター 3A会議室 ※予約優先
    会場案内:http://ow.ly/kOr29

スピーカー
★「TPP交渉を牛耳る多国籍大企業と―シンガポール、ペルー交渉徹底分析」
  内田聖子(アジア太平洋資料センター〈PARC〉事務局長)

★「米国視察報告 米国は日本の参加をどう受け止めている? 議会承認の行方は?」
  首藤信彦(TPPを考える国民会議)

★「日本各地に広がるSTOP TPP!の声をさらに高めよう」
  坂口正明(全国食健連事務局長)

■参加費:500円
※可能な方は、会場で呼びかける「PARC TPP交渉会合参加支援カンパ」
にぜひご協力ください(詳細下記)

■主催・お申込み:アジア太平洋資料センター(PARC)事務局
〒101-0063 東京千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453
E-mailoffice@parc-jp.org
HP http://www.parc-jp.org/
Twitter:http://twitter.com/parc_jp
<BR>

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。